banner

すげぇぞ!Apple M3 CPU 搭載の MacBook Pro、iMac 発表にクラカワ、狂喜乱舞!

倉川知也アー写|横

音楽プロデューサーの倉川知也 (クラカワ トモヤ) です。

実は、編集部から何も言われてないのに
この記事を書いております。

なので消される可能性もあります(汗

ま、でもとりあえず!!!

M3 Mac キたぁぁぁ〜〜〜!!!

と、今朝方絶叫したクラカワでした。

現場からは以上です(オイw

(※時間が取れ次第、順次加筆して参りますw)

Apple M3 CPU Mac 関連の記事ザックリまとめ

Apple 公式

Apple、M3チップを搭載した新しいMacBook Proを発表
Appleは本日、まったく新しいM3チップファミリーのM3、M3 Pro、M3 Maxを搭載した、新しいMacBook Proのラインナップを発表しました。

価格.comマガジン

アップルが「M3チップ」ファミリー発表、「MacBook Pro」と「iMac」に搭載

アップルが「M3チップ」ファミリー発表、「MacBook Pro」と「iMac」に搭載 - 価格.comマガジン
アップルが「M3」「M3 Pro」「M3 Max」を搭載した新型の「MacBook Pro」と、「M3」を搭載した新型「iMac」を発表しました。

Impress|インプレス

Appleの「M3」は何が進化した?3分で分かるスペック比較

Appleの「M3」は何が進化した?3分で分かるスペック比較
Appleは30日(米国時間)、新型の「MacBook Pro」(14インチと16インチ)、そして「iMac 24インチ」を発表した。これら3機種に共通して搭載されるのが「M3」シリーズのプロセッサとなる。

アップル、M3チップ採用の新型MacBook Pro。新色スペースブラック

アップル、M3チップ採用の新型MacBook Pro。新色スペースブラック
アップルは、新しいM3チップシリーズを採用した新型MacBook Proを発表した。10月31日から予約を受け付け、11月7日に発売する。14インチモデルと16インチモデルを用意し、価格は14インチのM3チップ採用モデルで248,800円から、16インチのM3 Pro採用モデルで554,800円から。

WIRED.jp

アップルが独自チップの最新版「M3」シリーズを発表、 新型「MacBook Pro」と「iMac」の性能と価格は?

アップルの「M3」チップを搭載、新型「MacBook Pro」と「iMac」の性能と価格は?
アップルが10月30日(米国時間)にオンライン発表会を開催し、「M3」チップを搭載した「MacBook Pro」と「iMac」を10月30日(米国時間)に発表した。順当な進化ともいえる新しいチップを搭載した製品群は、いかなる性能アップを遂げたのか。

ITmedia

M3ファミリー搭載でさらに高速になった「MacBook Pro」登場 上位モデルには新色「スペースブラック」を用意 25万円弱から

M3ファミリー搭載でさらに高速になった「MacBook Pro」登場 上位モデルには新色「スペースブラック」を用意 25万円弱から
Appleが、新型の「Apple M3チップファミリー」を搭載するMacBook Proを発売する。上位の「M3 Proチップ」「M3 Maxチップ」を搭載する構成については、スペースグレイに代わる新色「スペースブラック」を用意する。

ASCII.jp

アップル、3nmプロセスで製造した「Apple M3」発表! ProとMaxはCPUのコア数も増加

アップル、3nmプロセスで製造した「Apple M3」発表! ProとMaxはCPUのコア数も増加
アップルは、3nmプロセスで作られたものとしては初のPC向けプロセッサ「Apple M3」シリーズを発表した。「M3」「M3 Pro」「M3 Max」の3タイプがあり、MacBook Pro/iMacの新製品に早速搭載されている。
Apple MacNews
シェアする
投稿者
Tomoya Kurakawa

音楽プロデューサー 倉川知也 (クラカワ トモヤ)、通称『TK』。
青森県弘前市産まれ、埼玉県川口市育ち。さいたま市在住。
約25年以上に亘り音楽プロデューサーとして活動。
新人の発掘・育成を得意とし、全くの無名だったアーティストを
数多く『渋谷O-EAST』『ZeppTokyo』『渋谷公会堂』などの大舞台へ送り込む。
自身のバンド『小次郎』『スマッシュドライブ』や演奏サポートなどで鋭意活動中。
最近、ようやっと真剣にドラムを始めた模様。
猫・犬、そしてグルメ・酒好き。

Tomoya Kurakawaをフォローする
スポンサーリンク
bhodhit magazine|バディット マガジン
タイトルとURLをコピーしました