新着記事

衣食住

Thing of remain 〜Part.5〜

竹原亨の独断と偏見による、タイムレスなファッションアイテム紹介! 今回は、お気に入りジャケット「Paul Harnden Men's Brazer」について語ります。
News

斉藤由貴 名盤『水響曲』に見る美しくもせつない愛が溢れる世界。そして「斉藤由貴 Streaming Live with 武部聡志 水響曲『春』」

斉藤由貴のアルバム『水響曲』。デビュー当時から斉藤由貴の曲のアレンジを手掛けてきた武部聡志と二人三脚で作りあげた作品だ。まさに斉藤由貴ワールド。デビュー当時の彼女の歌声のまま、止まっている人には、ぜひこの作品を聴いて、そして映像でも観てほしい。
インタビュー

NO-MADの圧巻ライブレポート!!心地よい濃密轟音をぜひ浴びてもらいたい!!!

酒井泰三のバースデーでもある1月16日にLive Music JIROKICHI(高円寺)で行われた2024年一発目のライブ! NO-MADの魅力をもっと多くの人に知ってもらうべく1月16日のライブのレポートを当日の写真も交えながらお届けします!!
News

「黄金の秋田犬像」購入へ! 忠犬ハチ公の故郷・大館市が予算1650万円を計上

忠犬ハチ公の故郷として有名な秋田県大館市は、2024年度一般会計予算に「黄金の秋田犬像」と「純金の秋田犬像」を 購入する費用として1650万円を計上し、福原淳嗣市長は1日の定例記者会見で購入する意義や経済効果を強調した。
ディスクレビュー

中川勝彦 ワーナー時代TALK REVUE してみたい (2)

中川勝彦のワーナー期全音源がストリーミング解禁されました。 バディットマガジンでは今回のサブスク解禁を祝して、共にかっちゃんフォロワーを自認する村上あやのと北村和孝の対談により、ワーナー期中川勝彦の音楽性について紐解いていきます。(第二回)
News

デビュー40周年のUGUISS…先駆すぎたんだ!

僕がUGUISS(ウグイス)というバンドを知ったのは高校時代。EPIC・ソニー黎明期カタログをほぼ初CD化、解説付きの廉価版でリリースしたBEATFILEシリーズの中で、当時唯一のアルバムだと思われていた『UGUISS』が1992年にリイシューされたことで知ったのである。
ディスクレビュー

中川勝彦 ワーナー時代TALK REVUE してみたい (1)

中川勝彦のワーナー期全音源がストリーミング解禁されました。 バディットマガジンでは今回のサブスク解禁を祝して、共にかっちゃんフォロワーを自認する村上あやのと北村和孝の対談により、ワーナー期中川勝彦の音楽性について紐解いていきます。(第一回)
アーティストのわ

【✨アーティストのわ✨】龍井一磨「好きなものは好きって、自信を持って」

バディットマガジンWEBばん!でイチオシのアーティストを紹介し輪を繋いでいく「アーティストのわ」! 今回は服部ヒロからの紹介で龍井一磨さんをご紹介します!
News

大江千里『1234』が代表作となった理由

現在はジャズピアニストとしてNYを拠点に活動を展開している大江千里(おおえ せんり)。『1234』が今になって大江千里にとってここまで特別なアルバムになるとは正直思わなかった。非常に大胆な語彙やアレンジが多く、パワフルに踏み込んだ大江千里が堪能できる一枚だと思った。
ディスクレビュー

コンパクトディスク(CD)と共に生きてきた音楽人生

コンパクトディスク(CD)やレーザーディスクが普及し始めたのは僕が中学に入るくらいの頃だ。非接触の再生メディアで半永久的に音質が変わらないといった触れ込みと共に、虹色に輝く鏡のようなディスクの広告には未来を感じた。
コンサート・ライヴ レポート

愛と笑いに包まれたサイキックラバー20周年ライブ!

2023年にデビュー20周年を迎えた“アニソン界の日本代表”サイキックラバー。 そのメモリアルイヤーを締めくくるワンマンライブをたっぷりレポート!!
衣食住

Thing of remain 〜Part.4〜

竹原亨の独断と偏見による、タイムレスなファッションアイテム紹介! 今回は、1940年代にアメリカ軍に支給されていたチノパン「m-45 U.S.ARMY CHINO PANTS」のご紹介!