バディットマガジンTVばん!に注目の「朴に慄く」来たる!

日付変わって本日になりましたが、
12月22日(金)
HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
バディットマガジン主催ライブイベント
『その名はバディット vol.1』
開催になります!
バディットは様々なライブイベントを
企画しておりますが、バディットマガジン
編集長北村がブッキングしたイベントが
『その名はバディット Vol.1』であり、
今回はとりわけワールドワイドな活動が期待できる
バンドによる対バンイベントになります。

インストと歌ものバンドをサンドイッチした
セットが今回の特徴となっており、
⼩次郎 feat 惺光玖拾玖
1000sayEYRIE、そしてオープニングアクトで
朴に慄くが登場。
オープニングアクトで起用した 朴に慄く
ボクニオノノクと読みます。
文学性を感じるちょっと刺激的な歌詞と練られた楽曲、
シンガー純麗のソウルフルな歌声と
各楽器のソロプレイも盛り込まれた
アグレッシヴなプレイ!
まさに僕にとって今のバンドに求める理想形
朴に慄くにはあります。

まだ数曲がサブスクなどで聴けるだけであり、
僕自身も朴に慄くってどんなバンドなのだろう!?と
全貌をつかみきれているわけではありません。
まだまだ変わっていくとも思っています。
が、後に記事がアップされる
バディットマガジンのインタビューは、
今の時代のバンドならではの達観した考えと、
若いならではのプレイの歓びが語られた内容となり
非常に面白いものとなりました。

と、その記事のアップ前にバディットマガジンTVばん!用に
インタビュー動画も収録!
12月22日(金)、HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3における
ライブの予告編メッセージを受け取ってください!

『その名はバディット vol.1』のタイムテーブルも
発表されており、オープニングアクトの朴に慄くは
18:30からの30分ステージになります。
その濃厚なバンドサウンドと純麗のボーカルを
ぜひ堪能してください。
あとここだけの話、純麗は⼩次郎 feat 惺光玖拾玖とも
セッションするかも!?

18:30- 朴に慄く(ボクニオノノク)

12月22日(金)『その名はバディット vol.1』 出演者紹介 朴に慄く 編
12月22日(金)にバディットマガジン主催でライブイベント『その名はバディット vol.1』が開催されます! 会場であるHEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3は、JR京浜東北線/高崎線/宇都宮線にてさいたま新都心駅、JR埼京線に...

19:10- EYRIE

12月22日(金)『その名はバディット vol.1』 出演者紹介 EYRIE編
12月22日(金)『その名はバディット vol.1』開催! 今回は名門バークリー卒の3人、ピアノ連弾+ドラムのインストバンド「EYRIE」をご紹介します!

20:10- 1000say(ア サウザンド セイ)

12月22日(金)『その名はバディット vol.1』 出演者紹介 1000say 編
12月22日(金)『その名はバディット vol.1』開催! 今回は男女ツインボーカルエレクトリックロックバンド「1000say」をご紹介します!

21:05- ⼩次郎 feat 惺光玖拾玖(サトミツクモ)

12月22日(金)『その名はバディット vol.1』 出演者紹介 ⼩次郎 feat 惺光玖拾玖 編
12月22日(金)『その名はバディット vol.1』開催! 今回は変幻自在のギターインストバンド「小次郎 feat 惺光玖拾玖」をご紹介します!

各バンドさん直接のチケット取り置きもしておりますので、
⼩次郎 feat 惺光玖拾玖、1000say、
EYRIE、朴に慄くそれぞれのチケット取り置き/予約に
あたってみてください。
バンド側に対応していけたところまで
前売りチケット料金になります。
(当日券は4,000円とちょっぴり高くなります)
ぜひ一人でも多くの方のご来場をお待ちしております!!

(北村和孝)

インタビューコンサート・ライヴ情報バディットマガジン TVばん!北村和孝の音楽エッセイ「楽興のとき」
シェアする
投稿者
北村和孝

埼玉県西川口出身、現在も在住 (あるいは西新宿の職場に籠城)。
元はSSW志望だが90年代後半にrhythmagicを立ち上げて鍵盤やギターもプレイ。
新宿ヘッドパワーを拠点にバンド活動やイベント企画も2010年代まで行なっていた。
大東文化大学卒業後、音楽雑誌Playerに入社。2018年より編集長に。
『高見沢俊彦Guitar Collection 500』『高崎晃Guitar Collection』などの大型写真集、
まるまる1冊女性ミュージシャンで構成した『魅惑のMuses』などの別冊も手がけた。
惜しくも2023年7月で音楽雑誌Playerが休刊となり、フリーの編集者として再スタート。
自ら撮影、取材、インタビュー、執筆するDIYスタイルで洋邦問わず80〜90年代ロックを主体に、
ジャズ/フュージョン、ラジオ、サブカル関連を日々追い続ける。銭湯も趣味。
2024年早々、敗血症ショックで救急搬送されてご迷惑をおかけしましたが回復しつつあります!もう大丈夫!

北村和孝をフォローする
スポンサーリンク
bhodhit magazine|バディット マガジン
タイトルとURLをコピーしました